賞味期限を過ぎた天然水は飲める?

水にも賞味期限があるということをご存知でしょうか。

日本では水道水が飲めるということもあり、金銭的に余裕のない人たちはペットボトルの水をあまり買わないかもしれません。

しかし、外で売っている550ミリリットルの水でも賞味期限はあるのです。
天然水で550ミリリットルの場合、一年間美味しく飲むことができます。
もちろん開封後は早めに飲んだ方が雑菌などが入らないのでその方がいいです。

天然水にもいろんなサイズのものがあり、家庭用のものなんかでは2リットルのものもあります。
水の賞味期限はサイズによって異なってくるので2リットルのような大きいサイズになってくると大体2年ほど美味しく飲める期間があります。

この1年とか2年とかの年数はボトリングしてからの目安になります。
なぜこういった違いが出てしまうかというと、容器の種類や大きさで外部から受ける影響が異なってくるからなのです。

ミネラルウォーターにはそういった制限が天然水よりは低いようですが、やはり容器のにおいなどもついてしまうということで美味しく飲める期間は限られてしまうそうです。
特にペットボトルなんかでは、わずかに気体透過性というものもあるので周りに強いにおいを放つものがあったらそれを吸収してしまいます。

保存する際にも注意することが重要になってきます。保存方法さえ良ければ期限を過ぎたものでも美味しく飲むことは可能です。
もし購入する際には、上記のことを参考に美味しい水を飲んでもらいたいものです。