大きな違いはどこ?水素水と天然水

水は私達の生活に欠かせないものですが、近年では様々な種類が販売されている事をご存知ですか。

店頭やインターネットにはミネラルウォーターをはじめ、水素水や天然水と言った様々な種類が揃っています。
見た目はどれも同じ水のようですが、それぞれの商品には違いが有ります。

ここではその中でも最近良く見かける、水素水と天然水の違いについてお話したいと思います。

水素水とはどういう水かと言うと、水素分子を高い濃度で水に溶かした物を指します。
とても抗酸化力が高く、活性酸素の排出を促す効果を持っています。
その為病気改善やアンチエイジング、美肌や体質改善に効果があると言われています。

具体的な病気の改善例としては、炎症性の肌荒れに高い効果があると言われています。
その他にはアトピーやガンの副作用抑制や転移抑制にも効果が見られています。

一方天然水と言うのは採水地で汲み上げた水を、最低限の濾過や殺菌で処理した自然の水に近い物を指します。
その為、天然のミネラルが豊富に含まれ、大変風味が有る美味しい水である事が特徴です。

また採水地によって成分や風味が違ってくる為、ブランドにより様々な水を楽しめます。
両者とも美容や健康に良いと言われていますが、水素水の方がより具体的な効果を発揮していると言えそうです。

確かな効果を求めるのであれば水素水を、美味しくナチュラルな効果を求めるのであれば天然水を選ぶ事をおすすめします。

なお金額的には、水素水の方が平均で50円程度高めで販売されています。