どっちが良い?天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーを導入する際、まず最初に悩むのは天然水とRO水のどっちを選んだら良いのかということでしょうね。

天然水というのは、山の湧水など、業者が定めた特定の水源により採水された地下水のことで、水本来の美味しさを味わうことが出来ます。
天然水だからと言って自然そのままというわけではなく、採水後に加熱、殺菌、除菌濾過などを行い、不純物をなくしてから出荷されているので安全に飲めます。

ほとんどがワンウェイ方式ですが、リターナブル方式を採用している業者もあります。
RO水というのは、採取した水に超微細孔のフィルターでRO膜処理を施した水のことで、フィルターを通して不純物を完全に除去して作られたものなので、限りなく純水に近くなります。

水道水に含まれるカルキや塩素などは除去されていますし、ダイオキシンやホルムアルデヒドなどの環境物質、コレラ菌や大腸菌などのウィルス、ハロゲン化合物や鉛、水銀などの重金属も取り除いているので、高い安全性があります。

ただしカルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラル分も濾過された純水なので、味はそれほどでもなく、多くの業者がミネラルを添加してから出荷しています。
採水地が特定されておらず、人工的に作られるものなので価格が安く、大抵の業者がリターナブル方式を採用しています。

安全性はどちらも変わらないので、天然のミネラルを含んだ美味しい水を味わいたいなら天然水、徹底的に不純物を取り除いた水をお求めならRO水を選びましょう。